Caerleon

新着記事

エルプシャフトが摩耶Sで今後を占う1戦、真の適性を問う

前走の御影ステークスでは14番人気ながら初ダートで激走を演出したエルプシャフト。血統的に考えてもまだ全幅の信頼は置けず、今回の摩耶ステークスはその適性があるか否かを見極めるレースとなりそう。ここで走れば本物だろう。

233

チトニアがJRAアニバーサリーSで復帰、一年ぶりも実力秘め

昨年の神奈川新聞杯で圧倒的な末脚を決めて連勝を飾ったチトニア。しかし、そこから長期休養を余儀なくされ復帰までに1年弱の時間を費やしてしまった。しかしキャリアはまだ浅くここからまだ伸びシロもある1頭だろう。鞍上は岩田康。

413

アドマイヤスコールが青葉賞で覚醒の時、距離延長は大歓迎

ディープブリランテ産駒のアドマイヤスコールが青葉賞でダービーへの出走権を懸け出走。これまでのレースぶりからもトップギアに入るのが遅い同馬、距離延長で直線の長い東京コースは絶好の舞台と言える。デムーロを背にV一直線だ。

133

リッジマンが阪神大賞典で巻き返す、3000m以上は全連対

昨年末のステイヤーズステークスを制した名ステイヤーのリッジマン。3000m超えのレースでは未だ連対を外しておらず、その無類のスタミナを武器にして阪神大賞典でも上位争いを演出する。タフな1戦になれば同馬が最有力だ。

313

プリメラビスタが未勝利戦に登場、仕切り直しの1戦で美酒を

ビワハイジのラストクロップ、プリメラビスタ。期待された新馬戦はあえなく8着に敗れはしたが、そこから無理に使う事無く立て直しを図って暮れの未勝利戦に出走する。メンバーは揃った印象だが、ここを勝てば改めてクラシックへ。

3,628

6 件