キングカメハメハ

新着記事

レイデオロが有馬記念で痛恨の出遅れ、後手後手の競馬で7着

色んな意味で注目度の高かったレイデオロが有馬記念で想定外の出遅れる展開。道中はまさかの後方から競馬を進め、隊列が動いて行ったと同時に合わせて仕掛ける後手の走りとなった。結果、ある程度脚を使っての7着と非常に残念な終末。

7,427

ヒートオンビートが新馬戦に登場、兄は2019年京成杯勝ち馬

ラストドラフトを半兄に持つヒートオンビートが阪神2000mの新馬戦で初陣を飾る。鞍上にその兄で京成杯勝ちを決めたC.ルメール騎手。父がノヴェリストからキングカメハメハに変わって全体的な能力が上位互換となって来るだろう。

221

ソシアルクラブが2勝クラスで3番手追走からハナ差競り勝つ

単勝1.4倍の圧倒的支持を受けたソシアルクラブが直線抜け出しを図ると、最後方から追い込んだミエノウインウインの猛追をハナ差退けて勝利。それ以外の上位5頭が同タイムで入線する大混戦を勝ち切ったのは非常に評価すべき点だ。

4,592

アイスバブルが中日新聞杯で先行するも直線失速の9着大敗

前走の敗戦にも関わらず中日新聞杯で1番人気に支持されたアイスバブル。道中は積極的に前に付け絶好位のポジションからレースを進めるも、結果的に勝ち馬たちの位置取りを考えると逆効果だったのだろうか。不可解な内容の敗戦だ。

197

ブラヴァスが再度山特別で僅差の接戦も大きな3勝目を獲得

再度山特別では道中3番手から直線で逃げ馬と接戦を演じ、最後はゴール前僅かに前へ出たところでフィニッシュ。これまで使えなかった速い上がりも33秒台前半をマークし、きっちりと勝ち星を拾えた事は収穫材料として非常に大きい。

4,085

ミアマンテがベゴニア賞で後方一気の差切り、2連勝でOP入り

ベゴニア賞で1番人気支持されたミアマンテが道中最後方追走から、直線で大外一気の豪快な追い込みで前を一蹴。2着順ライトボルト以下を子供扱いする走りでデビューから2連勝を飾った。マイルまでは許容範囲で桜花賞は面白い存在。

474

ワグネリアンがジャパンCで中団から鋭く追い込み意地の3着

ジャパンカップで川田将雅騎手に乗り替わったワグネリアンが道中中団の位置から直線狭い所を割って抜け出し一気に加速。先に抜け出したスワーヴリチャード、カレンブーケドールには及ばなかったが、それでも見せ場を作る3着と好走。

15,903

148 件